Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本文緒

ブルーもしくはブルー  山本文緒

エリートサラリーマン佐々木との結婚生活がうまくいってない蒼子。ある日、結婚を迷った情熱的な男河見の住む街で、河見と暮らすもう1人の蒼子に出会う。
二人は、1ヶ月間お互いの生活を交換しようという話になるが。。。

人生において、ああしていればよかったと思うことはたくさんあるけれど、結局は自分が選んだ道で精一杯生きていくしかないというのが結末なのかな~
あのときああしていれば幸せになれた、とかっていうのは幻想かなということが描かれていたように思う。
でも、ドッペルゲンガーが現れてどちらが本体か?という不安や、お互いが自分であるがゆえにずるいところやわがままなところが全部見えてしまうというのもおもしろかった。
設定が非現実的であるけれど、心の描写がリアルで小説の世界に入り込むのは難しくなかった。

うーん。
しあわせはいつも自分のこころがきめる(相田みつを)

こんな感じ。

スポンサーサイト

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

水菜

Author:水菜
見たこと、感じたことを綴っていきたいとおもいます。
コメントやトラックバック歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。