Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書にともなう副作用

つい先日から、「マークスの山」高村薫著 を読んでいるのですが。

南アルプスでの事件から始まって、十数年後の殺人事件につながっていく話なんだけど。


すげ~怖いっす。

なんか、夜とか暗闇の中に誰かいるんじゃないかとか思っちゃって。
そんな内容の話じゃないと思うんだけど…

この作者って、ある意味天才だと思う。
スポンサーサイト

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

水菜

Author:水菜
見たこと、感じたことを綴っていきたいとおもいます。
コメントやトラックバック歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。