Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sorac.blog33.fc2.com/tb.php/107-dfebd725
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

久坂部羊「無痛」

内容(「BOOK」データベースより)
見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。

amazonのレビューでは不評が多いみたいなんですが、私は結構ひきつけられて一気読みしてしまいました。おかげで睡眠不足です。
まぁー表現はグロいし、確かに最後に辻褄が合わないようなところとか「あれはどうなったの??」っていう置き去りにされちゃった感があったりするのですが、読んでいる途中にえーどうなるんだろう??っていう興味を掻き立てる力はすごくあるとおもいました。

刑法39条って、私もとても興味があるというか、以前福祉関係の仕事をしていたのでいろいろと考えたことがあって。
精神障害者が犯罪を犯したとき、退院させた医師が責任を問われるとかって話があったんです。そしたら皆退院できないよなーと。
でも、確かに地域に誰にも見守られることなく、精神科に通院している人がいると思ったら、誰でもちょっと薄気味悪く思ってしまったりするかなと。
誰もがちょっとしたうつ状態になったり、精神障害の壁をふっと越えてしまう可能性ってあるとおもうんです。でも、他人のことだと何を考えているかわからないだけにとても薄気味悪く感じてしまったりするものです。
要するに、今健常者として生活している人でも、いつ精神を病むかわからないし、小説に出てくる人のように精神病を装ったり、ただ単に性格がゆがんでいるとか、一般人には見分けがつかないんですよね。

登場人物がさほど多くないので、人間関係は簡単ですが、あとから繋がってきたりするところが結構強引ですがそれなりに面白いです。
ドラマ化とかあるかな?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sorac.blog33.fc2.com/tb.php/107-dfebd725
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

水菜

Author:水菜
見たこと、感じたことを綴っていきたいとおもいます。
コメントやトラックバック歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。