Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sorac.blog33.fc2.com/tb.php/59-a39d7b34
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

青木和雄「ハッピーバースデー」

母親から愛されなかった女の子と、彼女をとりまく人たちの物語です。

主人公あすかは、母親から「生まれてこなければよかったのに」と言われて誕生日も忘れられ、思い出しても祝ってもらえず声が出なくなってしまいました。

最初とても痛々しい話でした。
物語ではあるけれど、すぐそこにある現実という感じです。
文章も、あまり余計な描写とかなくて、淡々と綴られている感じです。

あすかと母親、そして父親。
物語ではあるけれど、登場人物の成長に自分を重ねて読んでしまいました。

親子の問題って多かれ少なかれ誰もが抱えているものなのかもしれません。
それに気づくことがいいことなのか、気づかないほうが幸せなのかはわからないけれど、
私は長年抱えていた苦しみが両親からの期待に応えようとしていたことが原因だとわかったとき少し楽になりました。
まだ完全に解決したわけではないけれど、だからこういう物語にはとてもひきつけられるし、人間って誰も弱いんだと思うと、いろんなことを許せるようになったりするのかなと思います。

きっと気づかないうちに子供を産んでいたら、静代のようになっていたかもと思います。

う~ん、うまく言えないけれど、子育てに迷った時などに読むと勇気付けられるのじゃないかな~と思います。

最後のところは、出来すぎって意見もあるけど、やっぱハッピーエンドで感動しましたよ。
生まれてきて、よかったね!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sorac.blog33.fc2.com/tb.php/59-a39d7b34
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

水菜

Author:水菜
見たこと、感じたことを綴っていきたいとおもいます。
コメントやトラックバック歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。