Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯨統一郎 「オレンジの季節」

暇つぶしに、と思い図書館で何気なく手にとった1冊でした。
わが家も共働きで、家事の分担のバランスなどについて考えることもよくあるので、なんかそんな内容の話っぽいな~と。
鯨氏は一定のファンもいるみたいだし、そんなに失敗はしないだろうと、結構楽しみに読み始めたんですが…


結末についてはひとまず置いておいて、
なんかこの小説の書き方、好きじゃなかったです。。
文章に奥行きがないっていうか、章によって主観となる登場人物が変わるパターンだったんですけど、話がブツブツ切れちゃう感じで。。

そんでもって、噂の結末ですよ!
私は予備知識が全くないまま読んだので、本当にビックリしました。

「なんじゃこりゃ

いやーそういう意味では一度読んでみるのもいいかもです。
でも、買ってまでは…

なんて表現したらいいのか、いい言葉がみつからないけど
人に勧めたくないような、勧めたいような、変な気持ちになる一冊でした。。

お正月読書~

年末年始、あんまり長期休暇ではなかったですが、
遠出などしなかったので、それなりに読めました。

図書館フル活用!でしたが、返却してしまって既に忘れていたり…

島田荘司 「UFO大通り」
 〃   「帝都衛星軌道」
松本清張 「点と線」
恩田陸  「図書室の海」(まだ途中)
桐野夏生 「リアルワールド」

それと、正月早々、実家の親とゴタゴタしてしまい、
自分の気持ちに整理をつけるために読んだのが
スーザン・フォワード「毒になる親」
信田さよ子     「アダルト・チルドレン完全理解」
斎藤学       「アダルト・チルドレンと家族」です。

実親ともめるというのは、かなりのエネルギーを要します。。

ネットでみかけた「鏡の法則」、読んでみようかなと思うのですが
小説に現実逃避してるほうが確実に癒される気がしたり。
いつまでも成長できないダメな私~


4日から仕事でしたが、この2日間はほぼ頭が麻痺状態で、
仕事になりませんでした。
また3連休になってしまい、週明けが怖い…

ま、頑張りますよ!
 

あけおめーです

始まりましたね、2007年。おめでとうございます。

年末ジャンボも当たり前ですがハズレて、
いじけ気味の元旦を過ごしておりますが
健康第一で今年も頑張っていきたいと思います。

人は人、自分は自分。
(新年早々意味不明です)

あー今年は年賀状書くのが面倒で、もういっそやめてしまいたいとまで
思っていたのですが、
いざいただいてしまうと返事をかかずにはいられない小心者で、
来た人にだけ出す、というのが
実は先に全部印刷するよりはるかに面倒だということが
初めてわかったアホな私です。
こんなことなら、さっさと印刷して出してしまうんだった。

手書きで・・と思っていたときもあったけど、そんなことは
もうできませんねぇ。

何はともあれ、がんばっていきましょう~

「風に舞い上がるビニールシート」森絵都


よかったぁ~

賞を取ったと聞いて、初めて知った作家さんでした。
誰もが「ビニールシート?なんでそんなネタで賞取れたん?」と
疑問に思ったかもしれませんね。私もそうでした。

先に読んだ「いつかパラソルの下で」も面白かったけど、
ビニールシートの奥深さはすごかったです。
短編なのに、なんて奥行きを感じさせるんだろう。
凝縮されている感じです。
話題もちょっと重いのですが、そこがまた
「私の悩みなんてちっぽけだ!くよくよしてなんかいられない!」という元気にもなり、
主人公にエールを送りたくなり、最後はスカッとした気分になります。

今回は借りて読んだのですが、もう一度読みたくなったら買って
手元に置いてバイブルにしたいなぁ。

覚え書き

時間を見つけては読んでいた本達、
なかなか感想を書くまでには行かないのですが記録だけ…

岡嶋二人「99%の誘拐」
東野圭吾「片想い」
????「天使がくれた時間」
江國香織「いくつもの週末」
森絵都 「いつかパラソルの下で」 
島田荘司「アトポス」
宮部みゆき「名もなき毒」
島田荘司「占星術殺人事件」謎が解けかけた瞬間とても興奮!
東野圭吾「ゲームの名は誘拐」最後興ざめしちゃいました。。。

Extra

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

水菜

Author:水菜
見たこと、感じたことを綴っていきたいとおもいます。
コメントやトラックバック歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。